The product has been added to your cart

特別に時間をかけた植物なめし革 (黒)

植物性処理されたフルグレインレザーは12か月を掛けた自然なめし革製法により作られ、これにより正反対に思える2つのしなやかさと固さを組み合わすことができました。この高級馬具類に必須のフルグレイン原皮は、その特別な希少革としての自然な感触と深みを増す艶により弊社の革製品だけでなくベルトにも選ばれています。

もっと詳しく知る

弊社は伝説的なフランスの植物を使い独自の原皮に格別に時間をかけるなめし革製法をマスターした数少ない製革場をサプライヤーとして選びました。

長い伝統をもつこの製革場は、独自の職人のノウハウを何世代に渡りこれを継承し、磨きをかけてきました。

植物性なめし革は、樹皮、葉、純水などの天然成分を使って生み出されます。言うまでもなく、この作業には天然タンニンの様々な季節への深い理解が必要とされます。

特に時間を要する植物性なめし工程には12ヵ月かかり、この工程によってのみ、天然皮革の繊維は質を落とさずにゆっくりと固く締められ、その結果、原革の自然な柔らかさが保たれます。これはやかさと固さの両方を必要とします。

特別に時間をかけた植物性なめしフル特別に時間をかけた植物性なめしフルともに艶が出ます。

お手入れ方法

革製品を永らくご使用いただくため、以下の点にご注意ください。

.

◌ 傷や表革を守るために鋭利な物や目の粗い物との接触は避けてくだ。

◌ 保管の際は、埃や湿気を避け、風通しの良い乾燥した場所に保管してください。また、高温になる場所(暖房器具のそば、直射日光が当たる夏の車内など)には短時間でも保管・放置しないでください。

◌ 液体、ハンドクリーム、ハンドジェル、化粧品、香水などとの接触は避けてください。

◌ 水にぬれた場合には自然乾燥させてください。濡れた革は熱に弱いので、ストーブやヒーターなどには絶対近づけないようにしてください。乾いたのち、革が硬くなってしまった場合には柔らかい布に中性のクリームを付け、全体に薄く塗ってください。 最初に目立たないところでお試しになることをお勧めいたします。自然な艶がもどります。

◌天然染料で染められた革製品のお手入れについて :やわらかい、少し湿らせた布で拭きます。乾いたのち、中性のクリームを付け、全体に薄く塗ってください。最初に目立たないところでお試しになることをお勧めいたします。自然な艶がもどります。

◌ 天然染料で染められたサドル、馬勒、リードのお手入れについて : 少し湿らせたスポンジにグリセリンソープを付けて全体に塗ります。乾燥させたのちにパラフィンベースの保護クリーム(例:馬具専用のAkèneなど)を塗ってください。自然な艶がもどります。

◌ 保管の際は、付属の布袋に入れ、湿気や高温を避け、風通しの良い場所に保管してください。

◌ 質問等ございましたら以下の連絡先にお問い合わせください。電話 : +33 1 53 64 74 74 又は e-mail : paris@guibert.fr.